大手調剤薬局安全への取り組み

調剤薬局チェーンの中でも規模の大きな企業は、安全対策に特に力を入れて取り組んでいます。
もちろん医薬品という間違いがあっては許されないものを扱っているわけですから、当然規模の大小にかかわらず全ての調剤薬局が安全対策に取り組むべきです。
しかし大手と小規模の調剤薬局とでは機器や教育体制に用いることができる金額が異なるため、やはり自然と安全対策に関する設備・教育の面で差が出来てしまいます。

大手調剤薬局チェーンとして有名な日本調剤は安全を確保・維持するために様々な方法を用いて、従業員教育や体制づくりを行っています。
日本調剤では全社員を対象にe-Learning形式の研修を設けていて薬学や店舗管理、関係する法律や制度について学ぶことができます。また調剤過誤防止への取り組みとして定期的な過誤防止勉強会の実施や社内ポータルでの情報共有などを行っています。
小規模な調剤薬局では真似ができないようなプログラムを導入していて、資金的余裕があるからこそ実施可能な方法です。

このような教育制度の導入・徹底により薬剤師の医療安全に対する考え方を高めることで、間違いが発生するリスクを低下させ、安全性を高くすることが可能になっています。

その他にも大手調剤薬局では、最新設備やセキュリティ機器などの導入に努め、業務を効率化させるためだけではなく安全確保に役立つシステムの導入もしています。
人がかかわっている以上、どれだけ注意深く仕事行っても何らかのミスを起こす可能性は全くのゼロではありません。
しかし上記のような機器類やシステムを活用することにより、ミスが起こる可能性を低くすることができるでしょう。

大手調剤薬局の日本調剤では調剤過誤防止支援システムや一包化監査システムなどの設備、情報管理に静脈認証を導入するなど最新のITを活用して医療安全の確保に向けて取り組んでいます。

その他の大手調剤薬局も同様で、そうごう薬局では薬剤師業務の効率化とリスク管理のため、全自動薬剤払い出し機などの機器の導入や1人につき1台の専用パソコン環境の整備によるセキュリティ向上、社内SNSによる情報共有などを行い医療安全の確保や業務を円滑に進められる体制づくりを行っています。

他に大手調剤薬局といえばクオール薬局がありますが、整理整頓や患者の履歴確認、声を出しての確認、そして再確認といった基礎的なことを徹底しています。さらに安全性を高めるために調剤する医薬品をバーコード端末で照合することで取り間違いを防ぐシステムを導入するなど安全確保に努めています。

大手調剤薬局は様々な安全への取り組みを行っており、特に日本調剤では教育の徹底や積極的に最新設備・システムの導入をするなど、医療安全の確保に向けた様々な取り組みを行っているのが特徴です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする