大手調剤薬局の利便性

調剤薬局には中小規模チェーンのものもあれば、大手企業が運営している大規模チェーンのところもあります。
実店舗を見ただけで規模の大きさを判断することは一般的な利用者にとっては難しいのですが、規模が大きなチェーンの場合、中小チェーンにはないメリットを利用者が享受できます。

調剤薬局は街の中に数多く存在しているため、どこを利用しようか迷うことも多いです。
その時に選択のポイントとなるのが利便性の高さでしょう。
例えば大きな病院のすぐ近くに店舗を構えている門前薬局や2階以上ではなくて道に面した1階部分に店舗があるなどの利便性の高さは非常に重要です。
日本調剤をはじめとした大手調剤薬局は、新しく薬局を作る際に徹底的に調査を行った後に店舗作りを行います。
それにより利用者にとって利便性が高く、通いやすくなります。

調剤薬局を訪れる人の中には、健康を害しており処方せんに基づく調剤に時間をかけたくない、と考える人もたくさんいます。
日本調剤やアインファーマシーズのような大手チェーンの薬局であれば、最新機器による作業の効率化、お薬手帳アプリによる処方箋事前送信など利用者の不満を解消できる体制作りをあらかじめ行っていることもあり、比較的スピーディーに対応できます。

上記したように利用者は大学病院のような大きな病院のすぐ近くに調剤薬局を求めています。日本調剤では全国の大学病院163施設のうち40%以上となる69の施設近くに調剤薬局を設けています。そのほかにも総合病院近くに店舗を開設していて日本調剤の全店舗の約70%が門前薬局となっています。
こういった配慮によって、利便性を大きく高めており、結果として何度もリピートする利用者が増えています。

今では557店舗を出店させており、毎年順調に店舗数を増加させていますが、常に利便性を追求した店舗づくりが行われています。
具体的にはがん薬物療法の専門的知識の習得による高度薬学管理機能や、簡易的な健康チェックができる健康チェックステーションを設けることにより、一般的な調剤薬局とはうまく差別化しています。
さらに携帯アプリのお薬手帳プラスの提供や在宅マネージメントシステムの導入による在宅医療環境の整備をすることにより、中小チェーンとは比較にならないほどの利便性や安心感を生み出しているのです。

このように、規模の大きい大手調剤薬局チェーンは店舗の場所や使用設備が優れていることが多く利用者は利便性や安心感などのメリットを享受することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする