大手チェーンのデメリット

薬剤師の働き口として最も一般的な薬局。
薬局は病院よりも数多くありますのであらゆるところで薬剤師を必要としています。
調剤薬局には大手のところもあれば小規模なところもあり、それぞれメリットやデメリットを抱えています。
一般的には大手薬局チェーンは多くのメリットがありますが、デメリットも存在しているのでチェックしておきましょう。

すべての大手薬局チェーンが該当するわけではありませんが、全く違う土地に転勤を命じられることもあります。
各地に薬局を展開しているため必要に応じて転勤すべきこともあり、これがデメリットになることもあります。
基本的には自宅から遠くないエリアへの異動というケースが多いのですが、薬局チェーンによっては遠方に異動ということもあるでしょう。
ちなみに日本調剤は大手ではありますが、「自宅から1時間以内」「エリアの希望を出せる」という制度が整えられているようで、安心できますね。

そして他のデメリットには給与面に関するものがあり、小規模な薬局に比べて少し年収が低くなるケースもあるでしょう。
しかしこれも一概には言えず、薬局チェーン次第です。
給与は働くうえでとても重要ですから事前確認をしてから働く薬局を決めてください。
ただし注意したいのは一見すると大手薬局の給料が少なく感じても、ライフサイクルに合わせた柔軟な働き方が可能な場合も多く、用意されている福利厚生が豊富など様々な面を考慮すると大手のほうが好条件だったということも多い点です。クオール薬局や日本調剤といった大手薬局チェーンは給与面以外の上記の環境も整っています。
そして大手だからこそ詳細なマニュアルや教育制度も用意されています。
これはもちろんメリットでもありますが、様々な事を頭にたたき込まなくてはいけないのでデメリットと感じるかもしれません。
しかしステップアップを望んでいる場合やスキルを身につけたいという人には大きなメリットになります。

大手薬局チェーンと小規模な薬局に共通するデメリットとしては残業が発生する場合があるという点が挙げられます。もちろん店舗の立地や所属している薬剤師の人数によって左右されますが、患者さん前提の業務であるという点を考えると突発的な残業もやむ負えない点ではあります。
デメリットとメリットは表裏一体ですし、またすべての大手調剤薬局が同様の勤務環境ではないので、デメリットを感じることなく勤務できる大手薬局もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする