大手チェーンのメリット

薬剤師として働く場合、勤務先の選択肢は様々あります。
薬局で働くのか、病院で働くのか、それとも製薬会社やそれ以外の施設で働くのかなど、薬剤師は国家資格ですので、働き口には困らないでしょう。
薬局で働く人が特に多い印象ですが、処方箋の受付が出来る調剤薬局で働いている薬剤師が非常に多くなっています。
その際に気になるのが、大手調剤薬局チェーンを選ぶのか、中小規模のところを選ぶべきなのか…という問題です。
大手調剤薬局チェーンのメリットについて見ていきましょう。

基本的に行う業務内容は同じですが、大手の調剤薬局チェーンであれば、働きやすい勤務体制がすでに用意されているケースもありますし、魅力あふれる福利厚生も期待できるでしょう。例えば、大手薬局の日本調剤ではグループ保険や持株会などの制度が充実しており、クオール薬局では「薬代補助金制度」を利用することができます。

大手の調剤薬局で働く際には、しっかりとしたマニュアルに基づいた研修を受けることができたり、教育システムが中小の調剤薬局以上に充実していることが多いです。
学校で勉強をし、国家試験のために勉強をしても、実際に調剤薬局で働いてみないと気づかないことや、得ることができないことはたくさんあることでしょう。
OJTによる教育も必要不可欠ではありますが、まずはしっかりとした研修を受け、基礎を身につけることを重要視したいです。
薬剤師として働こうと考えている人は向上心が高い人も少なくありませんから、大手調剤薬局チェーンが準備している教育システムに魅力を感じると思います。
日本調剤の「高度薬学管理機能」や総合メディカルの「スキルアップ制度」、クオールの「フォローアップ研修」もその一つと言えるでしょう。

他に大手ならではのメリットには、充実したシステムや機器の存在があります。
システムの開発には多額の費用がかかり、また大手であれば中小規模では導入が難しいような機器もそろえられています。
処方箋を受け取り、処方をするまでの間には数多くの工程を踏むことになりますが、「過誤防止支援システム」を導入している日本調剤では、危険性の高いものについて、注意喚起の表示が出るため、薬剤師の労力も減り、薬を間違えてしまうというリスクも低くなるでしょう。

そして大手であればあらかじめしっかりしたマニュアルが設定されていて、初めて調剤薬局で働く人や、長い期間調剤薬局の勤務から離れていた人でも安心して働ける環境が整えられています。
中小規模であれば即戦力を特に求められがちですが、大手の調剤薬局チェーンであれば無理のないスピードで成長できることでしょう。

以上のように大手調剤薬局チェーンだからこそ得られるメリットがいろいろとあり、今回挙げたもののほかにもたくさんのメリットが大手にはあります。
大手であればネームバリューもありますし安定感がある点も魅力でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする