大手だからこそできる社会貢献

在宅医療のサービスを提供している調剤薬局は、比較的大きな規模を誇っていることが多いです。
日本調剤をはじめ、クオール薬局やアイングループでも積極的に在宅医療を通して社会貢献を行っています。

高齢化社会が進んだ結果医療制度の不備が多数見つかり、それを補う形ではじめられた在宅医療。
各調剤薬局がより充実した体制づくりをして患者さんのために活動しています。

クオール薬局は体の重要データを管理することが可能な機器を導入して、健康サポート薬局の運用をはじめています。
以前であれば調剤薬局にこういった設備やサービスは不要だったかもしれませんが、薬局の社会貢献活動により患者さんとの距離が近づいたため、各社様々な形で取り組みがなされています。

クオール薬局やアイングループのような大手の調剤薬局では店舗がある地域に住む人たちとの絆を重要視し、在宅医療という形で社会貢献を実施していて、それを実現させるために自宅でも使用できる機器の導入を進めています。
また在宅医療制度を活用する人たちに向けたセミナーや相談会を実施していますが、これは地域医療を発展させるために必要不可欠なもので、社会貢献の一環としてもしっかりと機能しているといえるでしょう。
これらの体制により在宅医療が受けやすくなり、医療に対して自分自身がより関わりやすくなるメリットもあります。

人それぞれ調剤薬局のサービスに求める条件は大きく異なりますが、最近は在宅医療に関する要望も多数見られます。
患者さんが必要としている情報を大手薬局の薬剤師はきちんと伝えており、これまでの医療のあり方では実現できなかった細かい部分にもきちんとアプローチしています。

例えば大手調剤薬局の日本調剤では薬局店舗内に健康チェックステーションを設けていて、その他の薬局でも健康維持のための設備やサービスが導入されはじめています。
これらを利用できるというのは大きなメリットですし、従来の調剤薬局の役割を超えた新たなサービスを提供することで地域の人に対して患者さんが在宅医療を賢く活用することで健康に関する意識改革も可能となるでしょう。
設備に関する社会貢献だけではなくて、調剤薬局に在籍している薬剤師がもたらすサービスにより利用する患者さんはメリットを享受できます。

クオール薬局ではクリーンルームの設置や地域包括支援センターと連携して社会貢献をしており、アイングループでも詳細な薬の管理や訪問薬剤管理指導を行い、そうごう薬局でも在宅医療の連携体制を活かした社会貢献を実践しています。
これにより自宅でも安心して医療が受けられ、これまで以上に薬剤師が近しい存在となるでしょう。
これらのメリットは患者さんにとっては非常に大きなものといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする