大手薬局の在宅医療

大手薬局は在宅医療への取り組みに熱心で、一般的に求められている内容だけではなく、独自性のある内容を盛り込んでいます。
日本調剤をはじめとした大手調剤薬局は日本各地に薬局を設けているため、利用する患者さんの様々な意見を耳にする機会が多いです。
必要とされている在宅医療のあり方を実現させるために規模の大きさを生かした各種戦略を用いて、利用する患者さんにとっても魅力的な医療の提供につなげています。

大手調剤薬局の日本調剤では、すでに在宅医療集合研修という教育制度を導入し、薬剤師のスキル向上を図ったり最新機器の導入をしています。
在宅医療の際に薬剤師に求められるノウハウやスキルは薬局での業務とは異なります。そのため利用者目線に立ったサービス提供をするために専門性の高い教育が必要となるのです。
この在宅医療集合研修では毎回異なる内容のテーマが設定され、その内容に応じた専門性の高い教育を受けることができます。結果的にそれは患者さんへのメリットにつながるでしょう。

例えばこれまでにこの研修において「フィジカルアセスメント・簡易懸濁法」「経腸経管栄養法」「在宅中心静脈栄養法」といったテーマ設定がなされていますが、在宅医療には不可欠な内容です。
ただ単に自宅で医療を受けられるだけでは満足感は得にくいのですが、これらのノウハウを有している大手薬局の薬剤師による在宅医療であれば安心して受けることが可能でしょう。

大手薬局は規模の大きさを生かしたサービスの展開やきめ細やかなサービスの提供により、具体的かつ満足度の高い在宅医療モデルを構築しています。
圧倒的なノウハウ量や人材の確保をしている点も強みとなっています。
在宅医療が可能な薬剤師が多いということは、小規模な調剤薬局に比べてより地域住民に寄り添った形で医療の提供ができ、患者さんが気軽に質問などしやすい環境が整いやすくなるでしょう。
薬は非常に大切な存在で医療活動にとって欠かせない存在ですから、いかにして薬剤師と患者さんの間を近づけるかがキーポイントとなります。
大手薬局の場合にはすでに体制が作られていることもあり、必要に応じて最も良い運用方法に変更することも可能ですから、これは調剤薬局側にも利用する患者さん側にとってもメリットになるでしょう。

大手薬局の在宅医療制度は地域住民との絆を重要視しているケースが多いですし、また在宅医療集合研修のような教育制度の充実のおかげで高いレベルの医療が提供されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする