在宅医療における薬剤師の役割

必要性が増してきた在宅医療を円滑に進めるためには、医療に関するプロフェッショナルたちの協力が必要です。
医療ですから当然のことながら医師・看護師はなくてはならない存在ですが、薬剤師も大きな役割を果たしています。

薬剤師が在宅医療の現場で求められている理由には様々ありますが、もし薬剤師がかかわらないと医師や看護師に大きな負担がかかってしまいスムーズな医療活動ができなくなります。薬剤師が役割を果たすことによって負担を大幅に軽減することが可能なのです。
医師はとても多くの仕事を抱えており、診察や治療だけではなくて、薬に関する悩み相談を受けることも少なくありません。
しかし薬剤師もこの道のプロフェッショナルですので、在宅医療においても薬に関する相談やアドバイスが可能なのです。
これこそが近頃必要とされている役割ですが、これを果たしている薬剤師は決して多くはありません。
ただ日本調剤のような大手の調剤薬局では薬剤師への在宅医療に関する教育制度を整えるなど患者さんに対して薬のアドバイスや相談が行えるよう環境を整備しています。
薬剤師が患者さんに対して真摯に接することにより、より安心して治療を受けることができます。
現在日本の医療が抱えている高齢化に伴う医療費の増加など多くの問題点を解決する手段でもある在宅医療は、これに関わる様々な医療のプロフェショナルが役割を果たしてこその制度です。
特に薬剤師は服薬支援や日々のコミュニケーションなど患者さんに寄り添った活動ができるようになるため、今まで以上に地域に根差した形での活動となるでしょう。

在宅医療であれば病院での医療活動ではなく自宅での活動となるので、これまで以上に日常に近い形で患者さんをチェックできます。
薬をしっかりと飲んでいるのか、どんな環境で過ごしているのか、そして普段の状況を同居している家族に確認できるので、単純に患者さんの手間が減るだけではなくて多くの情報を入手することで高いレベルの医療につなげられます。
その情報を医師や看護師などと共有することができるので、与えられている役割を全員が果たしやすくなります。
薬剤師の役割はとても大きくて、在宅医療の普及に一役買っているのです。

働く薬剤師にとっては調剤薬局内における業務とはまた異なり、いろいろな業務を行うことになるのではじめは戸惑うこともありますが、自分をステップアップできて本当に必要とされている医療の提供に携われます。
在宅医療における薬剤師の役割は幅広いのですが、医療と患者さんの橋渡し役になるという点も薬剤師に求められている役割ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする