日本調剤の最新設備

調剤薬局は日本全国各地に数え切れないくらい存在していますが、事業規模により設置されている設備の内容は大きく異なります。
基本的には小規模な薬局に比べて大手薬局は最新設備を導入しているケースが非常に多く、日本調剤においても各種最新機器を取り入れています。
最新設備を導入することにより薬剤師が果たすべき仕事を円滑に進めることができ、また様々なリスクを低減させることにも繋がるでしょう。
それは結果的に薬剤師の働きやすさにも繋がり、また利用する患者さんからの信頼にも繋がります。

実際に日本調剤が導入している設備やシステムの中には最新のICT技術を用いたものも少なくありません。
今では数多くの人たちが利用しているスマートフォンに対応している「お薬手帳プラス」はデジタル形式で処方薬に関する情報管理や処方箋の事前送信ができる便利なアプリです。
薬剤師は詳細データをしっかりと確認でき業務に活かせますし、患者さんは待ち時間の短縮や自分の薬の履歴などを逐一確認しやすくなります。
そして在宅医療のクオリティを高めるための「JPケアコム」というタブレット端末を使用した在宅医療サポートシステムも同社が誇る管理システムとなっています。
これらをはじめとした利便性の高い設備やシステムを積極的に導入しています。

また最新の調剤にかかわる機器の設置にも積極的で、これらの活用により薬剤師が抱える負担が大幅に減少しています。
日本調剤は薬剤師の働きやすさにも注目しており、それを実現させるために多種多様な制度の導入や機器の導入も行っています。
例えば全自動で錠剤を払いだす機器や一包化した薬に異物は混入していないか確認する機器、軟膏練り機なども積極的に導入している点が印象的です。

また静脈認証機能を活用したセキュリティシステムを使用し調剤時の認証や出退勤管理を行っています。、このようなセキュリティシステムにより患者さんの安全を確保するだけではなく、薬剤師も情報管理が行いやすくなっています。
さらに過誤防止支援を行うシステムや音声入力システムや在庫管理システムの導入にも励んでおり、大手ならではの安全確保に向けた設備やシステムを取り揃えているのです。

このように日本調剤は調剤業務や地域医療に関する最新設備を導入するだけではなく、最も基本となる勤務している薬剤師が安心して働ける環境づくりにも力を入れている点も特徴ではないでしょうか。

薬は医療における必需品ではありますが、一歩間違えると生命を危険にさらしてしまうこともあります。
しかしそれらのリスクを可能な限り抑えることができる設備の導入によって、より安全に薬の提供が可能になっています。患者さんが安心して医療を受けることができるのは良いことですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする