日本調剤の福利厚生

5

働く際に気になる点の一つが福利厚生になります。
薬剤師は一般的な職業に比べると安定したイメージがありますが、福利厚生の充実具合も勤務先を決めるときの注目ポイントとなります。
調剤薬局チェーンを展開している日本調剤は、大手ならではの福利厚生サービスを用意しています。

代表的な福利厚生グループ保険の完備や、社内預金財形預金の完備、持株会も設置されています。
持株会に関しては購入積立金に対して奨励金が出されるなど魅力満載で、社内預金を行うと会社が金利の上乗せをし、それは1%となっていますから一般的な金融機関への預金に比べて圧倒的にお得です。
働いている薬剤師にとってなくてはならない福利厚生制度となっているでしょう。

上記の他にも福利厚生・制度はたくさんあり、すべての従業員が求めているであろう、休暇制度も充実しています。
年間の休日数は120日あり、その他にも看護休暇や介護休業、介護休暇などの制度が設けられています。
薬剤師を含めた従業員が勤務しやすい環境づくりがなされています。

それだけではなくて、近頃取得するケースが多い妊娠・出産時の休暇や育児休業制度の導入、また育休中の働き方にも工夫がされており短時間出勤制度も利用可能です。

規模の小さな調剤薬局の場合は福利厚生制度が不足していることもありますが、大手企業であれば規模の大きさに見合った制度の導入が行われています。
福利厚生サービスを就職時や転職時に重要視するケースも多くみられますが、中小規模の薬局と大規模な薬局では想像以上の差が発生しています。
制度の充実具合によって働いている人の仕事へのモチベーションも大きく変わってくるため、よりよい環境づくりのためにも福利厚生サービスは必要不可欠です。

近頃奨学金の返済のことで悩んでいる人も多く見られますが、日本調剤では奨学金返済サポート制度の実施によって200万円以上の支援も可能となっています。
そして働くからには長期間働き続けたいと考える薬剤師も多いですが、それを実現させるために配属や異動に関する気配りもあり、中小規模であれば不可能だと思われる規模の大きな人事対策も行っている点も特徴でしょう。
他には、安定した暮らしを実現させるための福利厚生として、借上社宅制度の実施やストレス解消目的の保養施設の利用制度も用意されています。

日本調剤は中小調剤薬局チェーンにはない大手ならではの福利厚生サービスがたくさんあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする