大手調剤薬局の福利厚生

4

薬剤師として働く場合、中小チェーンではなくて大手調剤薬局チェーンを選ぶケースが増えています。
大手ならではのメリットには教育制度の充実や、店舗数が多いことによる働きやすさなどが挙げられますが、福利厚生制度の充実ぶりも中小に比べて魅力的です。

各地に展開しているクオール薬局も大手ならではの福利厚生サービスを用意しており、勤務する薬剤師などに対して働きやすい環境を提供しています。
クオール薬局で調剤した医薬品に関しては、薬代補助金制度を利用することができ、一般価格に比べてお得に医薬品の購入が可能です。
またベネフィット・ステーション法人会員制度やレクリエーション補助金制度といった、従業員の生活の質を向上させるための福利厚生にも注力しており、こういった試みによって仕事への意欲も湧くでしょう。
産休や育休、育児期間の短時間勤務制度も利用することができ、仮に妊娠や出産をしてもその後も継続的に働き続けることができます。

総合メディカル株式会社のそうごう薬局も大手の調剤薬局ですが、福利厚生面もやはり魅力的です。
妊娠・出産の際には、産前産後の休暇だけではなく、妊婦通院休暇や育児休暇、短時間勤務の制度が整っており、出産祝金まで支給される充実ぶりを発揮しています。
そうごう薬局は様々な面において制度が整えられていますが、サポート休暇やメモリアル休暇など、あらゆる休暇に関する福利厚生制度が存在しています。
調剤薬局で働き続けるにおいて、問題になりやすい部分をクリアしやすい制度があり、従業員全員が安心して働けるような工夫がなされています。

そしてアイングループも中小規模の調剤薬局にはない福利厚生があり、一般的な妊娠や出産に関する制度、そして休暇に関する福利厚生が用意されています。
しかしそれだけではなくてアイングループならではの、アユーラ社員割引制度も備わっています。
医薬品に関する事業だけではなくてその他の分野でも強みを発揮しているからこそ可能な福利厚生制度が盛りだくさんです。
働いている薬剤師などの健康維持のためのスポーツジム優待や契約保養所に関する制度も魅力で、圧倒的な魅力を誇っていると言えそうです。
最大の魅力といっても過言ではないのが、全国各地の調剤薬局やドラッグストアから勤務地を選ぶことができる点で、配偶者の突然の転勤にも対応可能で、長年働き続けるには最高の福利厚生制度だと言えるでしょう。

大手の調剤薬局には、中小規模の調剤薬局にはない福利厚生制度が盛りだくさんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする