日本調剤の教育環境の特徴

3

調剤薬局には大手と中小調剤薬局チェーンがありますが、それぞれ特徴は相当違ってきます。
例えば大手の調剤薬局チェーンとして知られる日本調剤には、中小規模の調剤薬局にはない大手ならではの魅力がたくさんあります。
大手で働きたいと願う薬剤師が多数見られますが、大手調剤薬局の魅力を探ることによってその理由を知ることができるでしょう。

まず挙げられる違いは教育環境に関するもので、中小規模の調剤薬局であれば高度薬学管理機能に関する教育制度などが設けられていることが少ないですが、大手の場合には高度薬学管理機能をはじめとした様々なことを学べる環境作り方がなされています。

中小規模の場合は即戦力を求める傾向にあるので、早い段階で次々と覚えていく必要があります。
しかし日本調剤の場合は5年教育プログラムを用意しており、これによって5年間かけて基本中の基本からじっくりと学ぶことができ、より良い薬剤師へと成長することが可能です。
驚きなのが、新人の集合研修に1ヶ月かけることではないでしょうか。
集合研修が終わった後には複数回の個人面談を行い、1年間マンツーマン方式での指導が行われます。
新人薬剤師1人に対して1人が指導を行うことになるので、質が高くて安心できる教育制度だと言えます。
こういった充実した教育プランは中小規模の調剤薬局チェーンには基本的にはないと思われます。

1年経過するとフォローアップ研修が行われ、マンツーマン研修は終了することになり、次は自身が先輩薬剤師として後輩を育てる立場となります。
その後も数多くの研修会に参加したり、教育の場を経験することによって薬剤師として必要不可欠な知識を身につけることができ、また仕事に対するモチベーションの向上にも役立ちます。

3年間のコア研修期間を終えて、2年間のスキルアップ期間を過ごし、そしてその後はキャリアアップを目指す人向けに各種研修が用意されています。
エクセレント管理薬剤師研修、ライン課長研修、新任管理薬剤師研修などが5種あります。
それ以外にも継続的に受けることができる各種研修が6種類。
さらにはビデオライブラリや手話を学べる制度などが5種類もあり教育制度が充実しています。日本調剤ならではの魅力ある教育環境によって自身にあった柔軟なスキル形成が期待できます。

日本調剤のような大手の調剤薬局には、中小規模の調剤薬局ではあまり提供されていない教育制度が多種多様ありますから、充実した薬剤師ライフを送りたい人にとっては大手の調剤薬局は魅力いっぱいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする