大手薬局の教育環境とは?

2

中小調剤薬局チェーンと大手の調剤薬局チェーンを比較すると、主に薬剤師の教育に関わる部分の違いが浮き彫りになります。
大手の調剤薬局チェーンといえば、別ページで紹介している日本調剤以外にもアイングループ、クオール、総合メディカルがありますが、やはり規模が大きいだけあって、小規模なところとは教育システムの質が大きく異なっています。

まずアイングループにはいろいろな研修制度が設けられていて、新入社員に向けた研修やOJTトレーナー研修、新任薬局長研修などが設けられています。
新入社員研修においては薬剤師として成長することができる教育内容のものもありますし、それだけではなくて社会人としてスキルアップ可能な練習も備わっています。
OJTによる教育制度も魅力で、アイングループでは実際に薬剤師として働くうえで早く一人前になるためのサポート制度があります。
このような魅力ある教育制度や支援制度というのは、通常は中小調剤薬局チェーンでは見られないため、大手ならではの力を感じさせます。
海外研修やスタッフ研修も用意しており、薬剤師としてスキルアップしやすい環境が整えられています。

クオールも同様の魅力ある教育を実施しています。
まず入社後はすぐに新人集合研修や新人OJL研修がはじめられ、基礎力を身に着けることが期待できます。
新人OJL卒業検定という形で試験も行うため、一人前の薬剤師を目指しやすい環境づくりがなされています。
フォローアップ研修も複数も設けられていて、それぞれ適切な時期に適切な内容の研修が行われ、最適なペースでの成長が望まれます。
またこのフォローアップ研修は1年目のみならず2年目や3年目にも用意されていて、新人薬剤師が取り残されることなくスキルアップすることができるでしょう。
もちろんこれはほんの一部分で、クオール薬局では薬剤師が魅力に感じるような多種多様な制度が用意されているのです。

そして総合メディカルにおいても非常に安心して勤務できるような教育、スキルアップ制度が設定されていて、スキルアップ編とマネジメント編に分けることができます。
薬剤師が知っておくべき最低限の知識を学ぶことができるだけではなくて、例えば近頃必要とされている在宅医療に関する知識やフィジカルアセスメントに関する研修もあって、大規模な調剤薬局チェーンだからこそできる制度が充実しています。
マネジメントを学ぶことができる下地も作られていて、薬剤師として活躍しようと思っているならば、やはり大手の調剤薬局の教育システムは魅力的といえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする